コイルとコンデンサを

ケースにいれてみました。

 みなさん こんにちは、7L4NDL/NOBです。

前回の続きになります。

今回は、ケースにコイルとコンデンサを取り付けました。
それそれのコンデンサにツマミをつけました。コイルと同
軸コネクタを接続してみました。

まずは、ここまで(笑;

画像

 


画像


1コ目の写真に基盤がはいっているの、見えますか?
この基盤にセラミックコンデンサをいくつか並列接続して、
容量のかさ上げを考えています。


はい、バリコンの引き回しは次回となります。

でわでわー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

JF1FAO
2016年04月09日 15:50
わたしの160m短縮GPも雨が降らなければなんとかなるので、てるてる坊主を作ったのですが、なんと20時ちょっと前に降ってきました。が*-ん。
効果なし。
7L4NDL/NOB
2016年04月09日 17:51
アンテナの物理的長さが短いので、雨が降るととたんに使えなくなりますね。JA0MRW局やJR1BVP局が逆Vを張っておられるので、多少の雨ではビクともしないようです。羨ましい。
JF1FAO
2016年04月10日 14:55
逆Vですか。
160mはDXは無理とあきらめれば、打ち上げ角が高くてもよいのですね。今度は、ほとんど短縮しない逆Vとロングワイヤーを考えてみます。
7L4NDL/NOB
2016年04月10日 19:46
>今度は、ほとんど短縮しない逆Vとロングワイヤーを考え
>てみます
高さをスペースが確保できるのが羨ましい。うちはこれ以上無理。

この記事へのトラックバック