アナログ回路の

シミュレーションをやってます。

みなさん、おひさです。7L4NDL/NOBです。

最近、アンテナ作りだけでなく、アナログ電子回路に
まで手を染めて困ってしまっています。

アナログ回路って難しいんですね。特にコンデンサと
トランジスタが付いていると、「も~、参った」状態に
陥る事がしばしばです。

オシロスコープなんていうのも持っている訳で無いの
で、これはどうやって動いてるの????になっています。

そこで色々探したところ、LTspiceなるものを発見し、
早々にインストールし、使い始めました。

使い方はそれほど難しいモノではありません。

慣れて来た所で、コンデンサとトランジスタを使った
回路のシミュレーションをやってみました。

LTSpiceXVIIで作った回路はこれです。
トランジスタを使った弛緩回路というものらしい(?)
です。

画像



で、シミュレーションしたのは、左上のR1の両端電圧
です。どのように変化するか見てみました。

結果がコレ。
画像


ふむふむ、 R1の両端電圧は最初が高くて徐々に落ち
ていく。そしてまた上がって落ちていく・・・いいですね。

む、ちょっと待って!
R1の両端電圧のピークが3.6V!!! 何で電源電圧
よりも高いの???? 何故、どうして???

なんかコンデンサの影響の様ですが、素人の私には
よく解りません。

悩んだ末にサポートにその原因をお伺いしたら、次
のような回答をいただきました。

---
トランジスタQ2(2N3906)がオンする時にQ2に流れる
電流Ie は、ダイオードD1に流れるだけではなくC1 に
も流れ、結果、C1 を逆バイアスするためQ1 のベース
電圧がマイナスになる期間がある という事となります。
---

なーんとなくは解ります。でも???
C1 に逆バイアスがかかるとR1の電圧があがる???

知識不足で理解できませーーーん。


でわでわ。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

JF1FAO根岸です。
2017年02月07日 08:50
久しぶりにブログを覗きました。
色々なことに取り組まれていてFBです。

もしオシロを買われるようならテクトロをお勧めします。
帯域50MHzで1ギガサンプリングのデジタルオシロが5万円強です。

http://jp.tek.com/oscilloscope/tbs1000-digital-storage-oscilloscope
7L4NDL/NOB
2017年02月09日 20:34
FAO/根岸さん こんばんは。
色々な事に興味が湧き出して、アチコチ手を出してます。おかげで首が回らなくなってきましたが・・w

電子回路にも興味が出てきて、オシロも欲しいのですが、sの前にシミュレーターで何か解るかなと、挑戦した次第です。

この記事へのトラックバック