ハムフェアー 2016

に出展します。

みなさん、しばしのご無沙汰でした。 7L4NDL/NOBです。

実は昨年も出展(お手伝い)したのですが、今年は昨年
以上に気合いを入れてガンバル予定です。

出展のテーマはデジタル通信。主にJT65A、JT9ですが、
ROSはPSKの話題もチョッピリ。

内容は、これからデジタル(JT65A、JT9)をやってみよう
かなとか、なんとか初めてみたはいいが、よくわかない
という方々向けの情報を盛りだくさん用意する予定です。

JA1FMN/山西さん(CQ誌1月号から「JT65入門」の連載
を執筆されているOM)と共同で店番をおこないます。また、
我々2人以外に、7K1VKU/福士さん、JL8LOC/佐々木さん
、JH3BFO/中根さん、JE1BTJ/石原さん、JA2ANX/稲垣
さん 等もスタッフとして協力をいただく予定です。

みなさん、お立ち寄りください。(ブース番号が決まり次第
UPします)

因みに、昨年のブース


画像



画像


左から 7L4NDL/NOB JK3IJQ/大東さん、JA1OZZ/春山さん、 
JH1DIS/秋山さん、JA1FMN/山西さん

TS-590S用のMMSSTV設定

情報です。

みなさん こんにちは、7L4NDL/竹中です。

TS-590S用もMMSSTVの設定方法が解りましたので、
ご案内ささせていただきます。

MMSSTVの「オプション」→「MMSSTV設定画面」と
「リグコントロール」→「設定」と「メニューの編集」の
3つです。

まずは。「MMSSTV設定画面」から。

「受信」タブはこんな感じ。(ここはRIGに依存するよ
うな設定は無いようです。

画像



次は、「送信」タブ
朱丸になっている部分を注意(設定)してください。

画像



次は、「その他」タブ
朱丸になっている部分を注意(設定)してください。

画像



「MMSSTV設定画面」は、これで終了です。
次は、「リグコントロール」→「設定」です。

画像

私のPCの場合、PortはCOM7です。皆さんの環境と
異なるかもしれません。ご自身の環境を確認の上設
定してください。

Baudは19200です。RIGのメモリや他のソフトの定義
も合わせて確認の上、必要ならば変更してください。

画面下半分のCommandsの設定ですが、
一番下の欄で、Kenwood、Elecraftを選んで、少し
上のあるVfoPolling欄でKENWOODと選んでください。

そして、TX欄を TX1;\w10 に書き変えてください。

最後にSaveボタンを押すのを忘れずに。

因みに、この状態からMMSSTVを再起動し、「設定」
画面を表示させると、こうなちゃってます。
(青の所です。)

画像


こうなっても動きますので、心配ありません。

最後に、MMSSTVからRIGの周波数を変更
するための設定の「メニューの編集」です。

ここは、参考例をお見せします。

画像

名前を 14.230 USB (TS-590S)にしました。
コマンドは、 MD2;FA00014230000; です。
コマンドの中の 14230000 が周波数のはずなので、他の運用周波数も
合わせて、作ってみてください。


ここまでです。
周波数の変更と送信は確認済みです。


みなさんも、お試しあれー

でわでわー

コイルとコンデンサを

ケースにいれてみました。

 みなさん こんにちは、7L4NDL/NOBです。

前回の続きになります。

今回は、ケースにコイルとコンデンサを取り付けました。
それそれのコンデンサにツマミをつけました。コイルと同
軸コネクタを接続してみました。

まずは、ここまで(笑;

画像

 


画像


1コ目の写真に基盤がはいっているの、見えますか?
この基盤にセラミックコンデンサをいくつか並列接続して、
容量のかさ上げを考えています。


はい、バリコンの引き回しは次回となります。

でわでわー

160mと80m

を安定させたいな。


こんにちは、7L4NDL/NOBです。

ローバンド(160mと80m)は、MicroVertアンテナで頑張ってます。

素人自作なもので、アンテナ自体の気分(SWR)がコロコロ変わっ
てしまいます。RIG内蔵チューナーでごまかし切れない時もあって、
とてもシンドイですねー。

CG-3000をポイと買えればいいのでしょうが、そう簡単ではありま
せん。

と言うことで、作って見ることにしました。

材料の一部を写真に収めました。

画像



バリコンは200pfを2コにして、π型にしようかと思っています。
固定くくりつけではなく、配線を切り替えられるようにして、L型
とかT型にでもできるようにしたいと思っています。


なるべく早く作りたいと思ってます。


でわでわー

SIM-PSK

とやらを、発見しました。


おはようございます、7L4NDL/NOBです。


BSPK31/63の発展系らしい・・・・・

ON4NB/Dany Surqjuinさん(http://www.on4nb.be/sim31.htm)が
作られたソフトです。

まだ使った事がないので、調査中です。方式は、DBPSKのようです。
(ABPSKやAQPSKではないです)


画像



使った事がある方のお便りを募集します。


でわでわー

TS-590SGとFldigiの

接続方法(CONFIG設定)のご紹介です。

みなさん こんにちは 7L4NDL/NOBです。


RTTYやPSK通信を行う時に使用するソフトで、国内メジャー
はやはり、MMTTYやMMVARIですよね。両方とも使いやすくて
とても便利ですよね。


上記の他に海外製品として、Fldigiの存在を先日知りました。
私の持っているTS-590SGとFldigiの接続を行うべく、悪戦苦闘
しておりましたが、ようやく本日使えるところまで持ってくることが
できましたので、その接続設定方法(CONFIG設定)を公開します。
※TS-590SGとRIGはUSB接続を前提にしています。


TS-590SGのメモリー設定は、以前WSJT-Xの設定の時に公開
しておりますので、こちらをご覧ください。

http://7l4ndl.at.webry.info/201502/article_1.html

メニュー番号68の USB PORT BAUDRATEは、現在 115200
に変更してあります。


FldigiのダウンロードとインストールおよびUSBドライバのダウン
ロードとインストールは省略させていただきます。

Fldigi 3.23.05の設定ですが、まず、XMLファイルのダウンロード
とファイルの配置を行ってください。

http://www.w1hkj.com/xmlarchives.html から TS-590Sの
XMLファイルをダウンロードして、C:\Users\xxxx\fldigi.files
へ置いてください(xxxxは各自のユーザアカウントです)

Fldigiを起動して、config設定を行います。

設定箇所(タブ)は2カ所です。


FldigiのConfigureメニューからRig controを開いた先の

RigタブのRigCat

AuidoタブDevices
です。


まず、RigタブのRigCatです。

画像


Rig description fileの箇所に先ほどダウンロード置いた590S.XML
のパスを設定して、Opneボタンを押して読み込んでください。
次に、Deviceの所へUSBのCOMポートを指定してください。
Baud rateは、115200に変更してください(RIGメモリ68の設定と合
わせてください)

最後に Saveボタンを押してください。



次に、AuidoタブDevicesです。

これは、単純だと思います。USBドライバをインストールしたときに
設定されたマイクとスピーカーのデバイスを選んでください。

画像


設定したら Saveボタンを押してください。


終わったら、念のためFldigiを再起動してください。

これまでの設定が旨く行っていれば、RIGの周波数がFldigiで
読めるハズです。Fldigiで周波数を変えたり、左上のモードを
変えるとRIGが反応します。


【2016/2/28 追記】
スミマセン 上記記載で全てOKかと思っていたら、PTTがONに
ならなかったです。原因を探索中です。

症状としては、F1キー等をクリックして送信しようとすると、
画面の中央一番したに、PortAudio error:Invarid deviceと
出てしまい、RIGのPTTがONになりません。

どなたか情報がありましたらお願いします。



【2016/2/29 朗報】
上記のPTTがONにならない件ですが、解決したかも!です。
Audio Setteingsタブの Playbackの設定を Nativeに変更した
ところ、RIGのPTTがONになり、電波が出ていきました。
たぶん、これです。

画像


みなさんも、試してみてください。

以上です。

でわでわー

ウィルスメールに

気をつけてください。

みなさん こんばんは、7L4NDL/NOBです。


ついに、うちにも来ましたウィルスメールが・・・・・

みなさん 絶対に添付ファイルを開かないでくださいね。


画像


本文は、下記の文章です。
-------------------
拝啓
配達員が注文番号51227786924の商品を配達するため電話で連絡
を差し上げたのですが、つながりませんでした。
従ってご注文の品はターミナルに返送されました。
ご注文登録時に入力していただいた電話番号に誤りがあったことが
分かりました。
このメールに添付されている委託運送状を印刷して、最寄りの郵便
局 - 日本郵政取り扱い郵便局までお問い合わせください。
敬具

郵便局 - 日本郵政:
〒213-3300
東京都港区芝浦4-13-23
-------------------

で、Zip形式の添付ファイルが付いています。


絶対に開いちゃダメですからねー


でわでわー