さいたま市北区から〜♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 50Ω:200Ω バラン 試作#1号機完成です。

<<   作成日時 : 2014/05/17 19:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

ようやく完成しました。

みなさん こんばんわー 7L4NDL/NOBです。

先日までの報告では、上のほうのSWRがおかしかったですよねー。
アイハイ、あれはですねー 耐圧の小さい抵抗で測ったもんだから
ダメだったんですねー。
今度は耐圧3Wの100Ω抵抗を2コ直列に繋いで、200Ω6Wの物を
作って測り直したら、7MHz〜28MHzまでSWRが1.1に落ち着きました。

いやー、焦りましたよ、ホント

できあがったので、いつものタッパーに入れてみました。
これです。
画像


フェライトコアの大きさに比べ、タッパーが少し大きかったですね。
でも、指のデカイ私では、これより小さいと辛いです

配線が格好悪いのは、ご勘弁を。


今度は、この先。逆三角形デルタループ作りに入ります。
V字の所を釣り竿でとも考えたのですが、釣り竿が手元に無いので、
逆三角形の底辺(一番上です)を塩ビパイプにして、V字部分は、
エレメントを引っ張ろうかなと考えています。

設計図は、別の機会にUPしますね。

あ、そうそう、塩ビパイプを加工するドリルが無かったので、ヤフオク
で、手動ドリルをGETしました。たぶん、明日届くと思います。

それでは、またー

でわでわー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。JF1FAOです。
15m7にて2回QSOしていただきました。

わたしもループアンテナを上げようとしていますので、参考にさせていただきます。
今はバランの基礎実験をしたり、MMANAでシミュレーションをしながら、材料をそろえています。

ネット情報ですが、JH1FCZ(FCZ研究所)が行った、1:1強制バランの実験では、
(1)トリファイラ巻はきつく、
(2)トリファイラは4パラ、
(3)4回巻、
(4)コイルはできるだけコアに密着、
(5)同軸とコアリード線を短く(アンテナ側は多少長くてもよい)、
というのが特性を良くするとのことでした。

わたしのツイストペアの実験ですが、上記傾向を確認しました。
(1)W1JR巻き、
(2)コイルは多くの方がやっている均等巻きではなく、コアの片側に寄せて密着させた方が高い周波数の特性が良かった
です。

もう実戦状態でしょうから、遅いかもしれませんがご参考まで。
JF1FAO
2014/09/28 17:50
JF1FAO/ネギシさん コメントありがとう
ございます。

このバランはデルタループに付けて、未だに
実験中です。(というか、諸般の事情で放置
中です。)
この他にVCHを作ったり、磁界ループに挑戦し
たりと、色々浮気しながらやってますw

デルタループは頂点角の変更もチャレンジ
しようと思っているので、色々なバリエー
ションのバランが必要になってくるだろう
と予想してます。
頂いた情報を次のバラン製作に活用させて
いただきます。
ありがとうございました。
7L4NDL/NOB
2014/09/28 18:21
竹中さん、未だに実験中とのこと、間に合った(?)ことになるのでしょうか。

JH1FCZの原文のURLを載せておきます。
http://www.fcz-lab.com/t-242.html

VCHはわかりません、何の略でしょうか。

デルタループをさらに実験されるのでしょうか。
一般に、角度を小さく(水平部を短く)すると、インピーダンスは低くなります。うまくすると50Ωになりますので、1:1バランが使えます。

わたしの作ろうのは縦長クワッド型なので、MMANAでは25Ω程度なのですが、インピーダンスを下げるバランは難しく、なかなかSWRが下がりません。逆にソーターバランは優しくて144MHzでも簡単ンにSWR1.5以下でいけます。
ですからアンテナの水平部をもう少し長くして50Ωにして、ソーターバランにしようかとも、いろいろ基礎実験しています。基礎実験中は傾向をつかむのが目的ですので、小さいコアFT82-43と細い電線で行っています。

JF1FAO
2014/09/28 21:12
JF1FAO/ネギシさん こんばんわ
VCHは俗に言う釣り竿アンテナです。
エレメント+コイル+カウンターポイズ
の組み合わせです。現在は14MHzに固定
して遊んでいます(JT65で8J1RLとできた
ので、上出来です)
ネギシさんはクワッドタイプですか。
25Ωは厳しいですね。調整して50Ω
にできると、楽ですよね。

私のデルタは、実験的に28MHz用に
作りました。頂点角を90°で作った
ので、1:4バランを用意しました。
目指すのは14MHzなんですが、全長
が20を超すので、頂点角を何度にす
るか思案中なことと、それを上げる
場所をどうするか考え中です。

並行して、磁界ループアンテナも作
成しています。全長1メートルの円
で50MHzができるので、コンパクトな
ものができあがります。
ただし、このアンテナは調整が凄く
難しいでの四苦八苦していますがw

ネギシさん、実験ガンバってください。
そして、すばらしいアンテナを作って
ください。できあがったらコッソリ
私に教えてくださいね^^
7L4NDL/NOB
2014/09/28 22:12
>VCHは俗に言う釣り竿アンテナです。

VCHの件、了解しました。
釣竿WHIPは、私のメインアンテナです。
いろんな周波数の(λ/2)にならないように6.4mにして、6mHでAH-4をつけて使っています。AH-4でチューニングさせて、アンテナアナライザで測ったところ、3.5Mから50MまでSWR1.5以下になります。アンテナチューナは初めて使いましたが、すごい威力ですね。

28Mは実験で目標は14Mですか。
14MのΔループにコイルを入れて7Mde使っていいた人がいます。
この論で行くと、28Mにコイルを入れて14Mも可能と思われます。
参考HP
http://www.jo7nli.jp/40mherikaru1.html

わたしの方は10Mと14Mは申請を出したところです。来年には7MのJT65ができるように法改正されそうなので、今のWHIPアンテナを2mほど伸ばそうかと考えています。

竹内さんにお願いがあります。
21M用縦長ループを近いうちに上げます。今のアンテナと切り替えての比較レポート欲しいのです。
既に21Mでは交信済みなのですが、コールしてもよいでしょうか。WHIPの高さを変えたデータが欲しいので、何回かお願いできれば助かるのですが。
JF1FAO
2014/09/29 18:43
JF1FAO/ネギシさん こんばんわ

色々情報をありがとうざいます。
次回の製作の参考にさせていただ
きます。

縦長ループの件了解です。平日は
19:30〜、土日はいつでもokです。
jarl.comへメールいただければ
スタンバイします。
健闘を祈ります。
7L4NDL/NOB
2014/09/29 19:19
竹中さん、レポートの件、お引き受けいただきありがとうございます。

スタートはメールでお願いするのではなくて、わたしが竹中さんがJT65で電波を出している時を捉まえてコールします。その時に、21Mは2回目だ、3回目、4回目だなどと言わずにレポートを頂ければと考えています。
13文字しか送れないので、
ANT SWAP OK?
6MH WHIP NOW
6MH LOOP NOW
などと送りますので、いつもの交信の要領で
JF1FAO 7L4NDL -15
などと返して頂ければ結構です。
どうぞよろしく、お願いします。

私の方は144MHzSSBであれば、リグとアンテナが独立しているので、これで連絡とりあえればもっと簡単にいくのですが。


JF1FAO
2014/09/29 22:51
竹中さん、さっそく捕まえました。(実はねらっていました)
ANT実験に協力いただき、ありがとうございました。

愛用していた6mh-Whipに加えて、本日QUADを立てて、調整が終わったところです。Z=50-52Ω、SWR1.1以下です。ただ、明日は台風が来るので一旦おろします。
1ELE-QUADをEUに向けると反対側が大宮になるので、竹中さんに白羽の矢を立てたわけですが、偏波面を見落としていました。
今回は直接波ですので、QUADにすると偏波面が一致したため、強くなったのだと思います。

ところで、ネットで竹中さんがヨットマンにアンテナチューナーの質問をされてました。わたしも同じ記事を読んでいました。世間は(ネットは)狭いですね。

わたしの場合はWhipはAH-4に任せていますが、QUADは全長と縦横比と給電点の上下(への字、逆への字)によって、抵抗分を50Ωに、リアクタンス分をほぼ0に合わせました。どのように変えたら何が変化するかについては、MMANAでシミュレーションしたのですが、それでも10回くらい上げ下げしました。バランもSWR1.2以下の強制バランとソーターバランを用意しましたが、今回は強制バランを使っています。

簡単ですが、ご報告まで。
Jf1FAO
2014/10/04 22:26
ネギシさん おはようございます。
昨日はありがとうございます。最初が
QUADは-19でしたね。その後がwhip
ですよね、whipがやけに強かったの
でビックリしました。

ヨットマンの方へコメントしたのは、
VCHやループを多バンド化するための
チューナー作成実験を行うためです。
とりあえず作成済みなのですが、C
の容量が足りないせいか、20mから
下がコントロールできません。容量
の大きいバリコンを購入する予定です。
これからもよろしくお願いします。
7L4NDL/NOB
2014/10/05 09:40
竹中さん、反対です。
最初がいつものWhipです。その後、QUADに切り替えました。

切換といえば、同軸切換器はダイアモンドのCX-210です。アイソレーションが良くて片側で144MHz50W送信して、反対側で同じ周波数を受信しても無線機が壊れません。

思い出しました。たぶん、竹中さんんが調子悪くなったのと同じ切換器です。内部を分解して接触部分を工業用ナイロンパッドで磨けばかなりの確率で復活します。なければ、台所のナイロンたわしの固い方で代用してください。

あと、自作4回路切換器の周波数が高くなると特性が悪くなるのは、おそらく同軸構造が乱れているからです。中心導体と外部導体の半径比率(と充填ポリエチレン絶縁か空気絶縁か)でインピーダンスが決まります。
VHFUHFでも特性の良い切換器は構造も考えられています。

もう一つは、接続しない同軸ケーブルの中心導体をそのまま開放にしておくか、アース(同軸外皮)に落とすか。
このあたりで特性が良くなると思います。

>容量の大きいバリコンを購入する予定です。

これだと調整がシビアになります。
周波数の低い時には固定コンデンサを追加するのもよいと思います。なければ8D2V同軸ケーブルが1mで約100pFです。これが安いのでアマチュア無銭暇おすすめです。



JF1FAO
2014/10/06 11:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
50Ω:200Ω バラン 試作#1号機完成です。 さいたま市北区から〜♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる